HD-PLCアライアンス 高速電力線通信

HD-PLCアライアンス

HD-PLC 第 4 世代規格 IEEE1901-2020 に準拠した世界初の LSI サンプルを出荷開始

プレスリリース

2022年05月31日更新

HD-PLCアライアンス会員プレスリリース
株式会社ソシオネクスト

 

HD-PLC 第 4 世代規格 IEEE1901-2020 に準拠した
世界初の LSI サンプルを出荷開始

 

~ 小型化・低消費電力化で IoT 通信アプリケーションの拡大に貢献~

株式会社ソシオネクスト(Socionext Inc.)は、HD-PLC 第 4 世代規格である IEEE1901-2020 に準拠したHD-PLC 通信用 LSI「SC1320A」のサンプル出荷を 6 月より開始し、量産の開始は 2022 年第 3 四半期を予定
しています。本 LSI は、パナソニックホールディングス株式会社がライセンス提供する IEEE1901-2020 準拠の半導体設計用 IP コアを採用した世界初の LSI です。

ソシオネクストは、6 月 1 日から 3 日まで東京ビッグサイトで開催される展示会「電設工業展」の HD-PLCアライアンスのブースにて、HD-PLC 通信用 LSI「SC1320A」および評価用キットの紹介を行います。
「SC1320A」製品情報: https://www.socionext.com/jp/products/assp/HD-PLC/

HD-PLC 規格 IEEE1901-2020
HD-PLC(High Definition Power Line Communication)は、電力線、電話線、ツイストペア、同軸ケーブルなどの電線に高周波信号(2~28MHz)を重畳し、通信網を構築する有線通信技術です。2021 年に、第4世代
の HD-PLC にて国際標準規格 IEEE1901-2020 を取得しました。本規格では、より長距離の通信を可能とする1/2、1/4 モードが新たに規定されており、マルチホップ技術と組み合わせることで最大 10km の通信が可能と
なります。これにより、より幅広い分野での活用促進が期待されています。

SC1320A の特長、仕様
SC1320A は、パナソニックホールディングスがラインセンス提供する IEEE1901-2020 準拠の半導体設計用IP コア「第 4 世代 HD-PLC」(※1)を採用した世界初の LSI です。
ソシオネクストの強みである、信号処理、アナログフロントエンドおよび回路設計技術により、HD-PLC の特長を活かしながら低消費電力(200mW)、3.3V 単一電源と小型パッケージ(7mm×7mm)による省スペース化
などを実現しました。また、SPI/ UART や Ethernet MAC(RMII)などの汎用 I/O を内蔵することで、家電機器・HEMS・IoT 製品への搭載が容易です。

幅広いアプリケーション
SC1320A は、社会や暮らしの中で、さまざまなアプリケーションに活用できます。

今後の展開
ソシオネクストでは、人の位置や動きを内蔵回路で高精度に検知できる「電波式測距センサー」(※2)や、LPWAN 2.0 対応の低電力・低コストな IoT タグ用 LSI「SC1330A」(※3)なども開発しており、本 LSI と
これらデバイスとを組み合わせたアプリケーションを提案しています。例えば、「電波式測距センサー」と組み合わせた高感度なプレゼンス検知や、IoT タグ用 LSI「SC1330A」と組み合わせた隅々まで網羅する無線/有線ハイブリッド通信網などです。
ソシオネクストは、小型・低消費電力の HD-PLC 通信用 LSI「SC1320A」を核としてさまざまなアプリケーションへの展開を提案することで、HD-PLC 通信を活かした新たな価値の創造と、今後迎える「Society5.0」
社会づくりに貢献していきます。

⚫ 製品、サンプル購入に関するお問い合わせ先
問い合わせフォーム:https://www.socionext.com/jp/contact


SC1320A
詳細は、ソシオネクスト社ホームページをご覧ください。